多彩な販促グッズ印刷ならお任せ!チラシプロ 販促グッズ、チラシなど印刷のプロ集団

まずはお気軽にお見積り・ご相談

大阪
tel:0667825174
東京
tel:0364179847
受付時間
9:00~17:00
定休日
土日祝

お見積り・ご相談

お気軽にお問い合わせ下さい。

大阪
tel:0667825174
東京
tel:0364179847
受付時間
平日 9:00~17:00
定休日
土日祝

お問い合わせ

営業日カレンダー

Calendar Loading

は休業日です。

データ入稿方法 DATA SUBMIT

データ入稿方法

以下の4つの方法からお選び頂きご入稿ください。ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メディアを宅急便などで郵送
下記の3点を当社担当宛に宅配便などで送付して下さい。
  • データ(MO、CD、DVD)
  • 最終データのカラーカンプ(プリントアウト)
  • 発注書(PDF)※必要事項をもれなく記入したもの
Eメールにてデータを添付
メール入稿(10MBまで)
最終データのPDFも添付してお送りください。
※「Eメール入稿」の詳細は受注後ご説明いたします。
お問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。
弊社サーバーへのFTP入稿
弊社サーバーにFTP接続をし、ファイルをアップロードしてください。(※ID,パスワードは受注後発行します)最終データのPDFもあわせてお送りください。※「FTP入稿」の詳細は受注後ご説明いたします。
お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。
お客様の用意されたサーバーや 宅ふぁいる便などを使用
お客様の方でご都合のいいものを選び、メールにてご連絡頂き入稿してください。最終データのPDFもあわせてお送りください。

データ作成上の注意

対応OS

Mac OS 推奨
Windows Windowsで制作されたデータは、そのまま出力することができません。当社環境にて再変更した際に印刷結果に違いがでる場合がございますので、なるべくMacOSでの制作をお勧めします。一度スタッフにご相談ください。

色指定について

カラーの場合 画像の色指定は全てCMYKで制作してください。
(RGBカラーは出力されません。)

カラーモード詳細はこちら

1色・2色・特色 プロセスカラーで制作し、それぞれの色見本をDIC等のカラーガイドでご指定ください。(金・銀・パール・蛍光色など一部使用できない特色があります。)

PDF入稿について

設定 ご使用のアプリケーションが最新版であることを確認してください。
最新版をお使いではない場合、データに不具合が生じる可能性がある為、最新版に
アップデートしていただく必要があります。

PDF入稿をなさる方へ

IllustratorからPDFを作成

PhotoshopからPDFを作成

InDesignからPDFを作成

アプリケーションソフト

Adobe Illustrator ○対応 バージョン : 5.5J、8.0.1J、9.0J、10J、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC2015
保存形式について
  • 保存はEPS形式にしてください。
    (カラーの場合はEPSカラー)
  • 互換性を必ず制作したバージョンで保存してください。

保存方法詳細はこちら

貼り込み画像について
  • 画像は「配置」で貼り込んでください。
     (不具合が生じる恐れがあるので、「埋め込み」にはしないでください。)
  • 貼り込み画像の保存は、カラーモードをCMYKに変換した「EPS」形式にしてください。(JPEG、GIFなどの出力には対応しておりません。)
  • 貼り込み画像の解像度は、適切なサイズで300~350dpiを推奨します。

貼り込み画像詳細はこちら

トンボについて
  • トンボはメニューの「フィルタ>クリエイト>トリムマーク」(CS4以降は「効果>トリムマーク」)で作成されたトンボを使用してください。
  • トンボの外側に不要なオブジェクトを残さないでください。

トンボの詳細はこちら

フォントについて
  • 全てのフォントに対してアウトライン処理をしてください。

フォントの詳細はこちら

その他
  • 不要なレイヤーは削除し、オブジェクトとレイヤーのロックは解除してください。
  • 孤立点は削除してください。(出力エラーの原因となります。)
  • 塗り足しがある時は3mm分仕上げより外まで柄を足してください。
  • 面塗りはクローズパスにしてください。(線に面塗りを設定しないでください。)
  • 墨などのノセがある場合は、オーバープリントのチェックをしてください。(スミ以外にオーバープリントを設定しないでください。)その時には原稿などに「ブラックオーバープリント処理済み」と明記してください。
  • 特色指定は別に注記し、特色で印刷しないときは、CMYKに分解してください。

その他の詳細はこちら

Adobe Photoshop ○対応 バージョン : CC2015までのすべてのバージョン
  • 画像解像度が72dpiや他の解像度(ケータイカメラデータ等)の画像は350dpiの高解像度にした画像を用意してください。
    ※メニューの「イメージ > 画像解像度」で解像度のチェックをしてください。
  • レイヤーをすべて統合し、EPS形式のバイナリもしくはJPEG最高画質で保存してください。※統合する前のPSD(レイヤー状態)のデータは保存し、お客様の元に残しておいてください。
  • 画像モードを1色刷の場合はグレースケール、その他の場合はCMYKモードにしてください。RGBカラーではご入稿しないでください。
  • 画像を圧縮している場合は注記してください。
Adobe
Acrobat Distiller
  • PDF書き出し設定は、「press」にしてください。
  • 画像解像度等の詳細設定は、お客様側で充分行ってください。
    ※PDFでご入稿の場合、当社では一切の修正ができません。
Quark Xpress ○対応 バージョン : 3.3J、4.1J、6J
  • イラストレーター上で全てのフォントにアウトライン処理をして貼り込んでください。
  • Quarkで直接データを作成する場合は、フォントについてご確認して頂く必要がある為、弊社までお問い合わせください。
  • 張込画像は正しくリンクしておいてください。
    ※文字飾りは印刷時に反映されないことがあるので使用しないでください。
Adobe InDesign ○対応 バージョン : CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC2015
  • イラストレーター上で全てのフォントにアウトライン処理をして貼り込んでください。
  • InDesignで直接データを作成する場合は、フォントについてご確認して頂く必要がある為、弊社までお問い合わせください。
  • 画像・部品はリンクのままでの入稿も受け付けておりますが、入稿前に必ずリンクを更新してください。
Microsoft
Excel
Word
PowerPoint
Office系アプリケーションは、印刷用データへの変換時にアプリケーション固有の機能が失われる・フォントが置き換わる・色が変化する・文章が意図しない位置で改行されるなどの誤差が生じる場合がございます。データをお客様でPDFに変換いただくか、一度スタッフにご相談ください。
【その他の注意事項】
  • 文字化けの恐れがある為、ファイル名は出来るだけ半角英数字で保存してください。
  • MO・CD・FDなどのメディアは、ケースやエアパッキンなどで保護して発送してください。
    運送中のメディアの破損については、当社では責任をもちません。
  • 著作権、肖像権の問題がおこる可能性がある原稿は、お客様ご自身が責任をとられ、当社は一切責任を負わないという念書をいただきます。
  • 出力見本には、必ず天地方向を指示してください。指示がないと意向と違う天地面付けになっていても、当社は責任をもちません。
  • お送りいただきましたメディアの返却はいたしておりません。
    返却ご希望の場合は、別途郵送料が必要となります。

データ入稿用テンプレート TEMPLATE

Illustratorデータでご入稿のお客様は、下記のデータ入稿用テンプレートをご使用ください。(ai形式/ver.8.0~)

チラシ印刷用テンプレート

商品名 サイズ(mm) 印刷面積(mm)
A4 チラシ印刷 210×297 210×297 DOWNLOAD
B5 チラシ印刷 182×257 182×257 DOWNLOAD
B4 チラシ印刷 257×364 257×364 DOWNLOAD
B3 チラシ印刷 364×515 364×515 DOWNLOAD

閉じる

ポスター印刷用テンプレート

商品名 サイズ(mm) 印刷面積(mm)
A2 ポスター印刷 420×594 420×594 DOWNLOAD
A1 ポスター印刷 594×841 594×841 DOWNLOAD
B3 ポスター印刷 364×515 364×515 DOWNLOAD
B2 ポスター印刷 515×728 515×728 DOWNLOAD
B1 ポスター印刷 728×1030 728×1030 DOWNLOAD

閉じる

販促マスク印刷用テンプレート

商品名 サイズ(mm) 印刷面積(mm)
販促マスク 105×185 105×185 DOWNLOAD

閉じる

印刷豆知識 PRINT TIPS

知って得する印刷豆知識をご紹介します。データ作成にもぜひお役立てください!

チラシ印刷用紙の種類

印刷用紙としては、チラシによく使用されるコート紙、マット紙、上質紙などがあります。それぞれの紙の中には厚さの種類があり、厚くなるほど重さが増し料金も高くなります。高級感を出したい時は厚い紙をおすすめしますが、チラシ用としては一般的に「コート53kg」が一番よく使用されています。
他にも数多くの用紙を用意しておりますので、銘柄などの指定がある場合は、別途見積にて対応いたします。
※紙の厚みは、1000枚あたり重さ(kg)で表します。

コート紙

新聞折込チラシなど、カラー印刷に最も利用される用紙です。 紙の表面にコーティングを施しているので表面がなめらかで印刷特性に優れ、写真やイラストが発色しやすく鮮やかな仕上がりになります。光沢があるのが特長です。

マット紙(マットコート紙)

カタログ・パンフレットなどの高級感を重視したものに使用される用紙です。
光沢を抑えるコーティングがしてあり、雰囲気のある落ち着いた表現に仕上がります。
光沢はありませんが、発色がよく光が反射しない印刷物向きです。

上質紙

一般には事務用印刷物(コピー用紙)、チラシや本などに使用される用紙です。
非塗工紙としてはもっとも白色度、平滑度がよく表面加工していないので、ざらざらしていますが深みのある仕上がりになります。

閉じる

チラシの仕上りサイズと紙の重さを表す〔kg〕について

紙のサイズには「原紙サイズ」と「仕上りサイズ」があります。
紙の重さ〔kg〕についても説明します。

印刷用紙の仕上りサイズ

紙のサイズには、A列系とB列系があり、それぞれ「原紙サイズ」がJIS規格で決められています。
「原紙」とは、元になる大きな紙のことで、それを断裁して使用します。
その「仕上りサイズ」もJIS規格で決められており、全判から半分、そのまた半分と切っていきます。B列系であれば、B1判(B全判)の半分がB2判(B判裁)、そのまた半分がB3となります。
週刊誌や雑誌はB5判が多く、新聞折り込みチラシはB4判が多く使用されています。

用紙サイズの規格
A系列
  • A列本判625×800mm
  • 菊判636×939mm
B系列
  • B列本判765×1085mm
  • 46判788×1091mm

紙の重さを表す〔kg〕

それぞれの用紙名の後ろに〔○○kg〕と表示されています。
これは、原紙サイズの印刷用紙1,000枚当たりの重さを表します。
この用紙1,000枚をまとめて「一連」といいます。それが何kgなのかが、厚さを判断する目安になります。
「一連の紙が何kgなのか?」ということから〔kg〕で呼ばれます。
例えば100kgの紙は、1枚100gになります。
同じ種類の用紙であれば〔kg〕の数値が大きくなるほど厚い紙になっていきます。

閉じる

RGBとCMYKカラーについて

「加法混色」と「減法混色」

人間が目に見える色はR(RED:レッド=赤)、G(GREEN:グリーン=緑)、B(BLUE:ブルー=青)という3つの色で構成されています。これを「加法混色」の原理といって、パソコンのモニター画面もこうした原理で表示されています。
※3色の光は、100%の強さで混ぜ合わせた状態が白、0%にしたときが黒になります。
色を表すのに黒に光を加えていくことから「加法混色」といわれます。

一方、印刷物は、インキによって一部の色が吸収され、吸収されなかった色が反射することにより人間の目に入ってくるという経過をたどります。
例えば、シアン(C)インキは、シアンの色を反射し、その他の全ての色を吸収するため、シアンに見えます。これを「減法混色」と呼ばれます。
RGBとCMYKでは、表現できる範囲が違い、RGBはCMYKよりも広い範囲の色を表現できます。
※シアン、マゼンタ、イエローの3色を100%の濃度で混ぜ合わせると黒になります。
色を表すのに黒から色の割合を引いていくところから「減法混色」といわれます。

CMYK

CMYKカラーは、シアン(C)、マゼンダ(M)、イエロー(Y)の3つに色を補正する役割の黒(K)を加えた4つのインク(CMYK)でそれぞれ濃度を変えて掛け合わせることで色を表現しています。 色調の再現力は高いのですが、メタリックや蛍光色、金銀など表現できない色もあります。しかし、特色を使用することにより、それらの色も再現することは可能です。ただし、コスト的には高くなってしまいます。

印刷物の色表現
<印刷物の色表現>
印刷物はCMYの3色に黒を引き締めるためのBlackを加えたCMYKの4色で色を表現する
RGB

パソコンやテレビのモニターを使って表現する色をRGBカラーと呼び、光の3原色R(RED:レッド=赤)、G(GREEN:グリーン=緑)、B(BLUE:ブルー=青)という3色の掛け合わせで色を表示しています。 RGBはCMYより広い範囲の色を表現することができます。ただRGBはデバイス(モニターやプリンター)により色の再現に幅があります。

ディスプレイの色表現
<ディスプレイの色表現>

CMYK「物質」、RGB「光」という性質が異なっているので、RGBはモニター画面の表示色の方が鮮やかに見え印刷物は紙など種類もあり、落ち着いた感じに見えます。パソコンはRGB方式、印刷はCMYK方式なので、デジタルデータを印刷に使用する場合は、必ずCMYKに変換してください。

閉じる

オフセット印刷とオンデマンド印刷

オフセット印刷

高品位な商業印刷のひとつで、版から直接印刷するのでなく、一度版に付けたインクをゴムブランケットに移し(移すのでオフ)、このゴムブランケットから改めて紙に転写(セット)印刷します。水と油性インクの特性をうまく生かして、インクの乗った部分にのみゴムブランケットに転写される仕組みです。
版が印刷媒体に直接触れることなく印刷できるので印刷スピードが速く、大量に印刷できるので低コストです。 現在商業印刷の世界では主流をしめており、当社でも通常のオフセット機とさらに大量印刷可能なオフセット輪転機を備えています。
オフセット印刷の特徴としては、非常に原稿からの再現性がよく鮮明な印刷が可能です。また細かい文字、罫線などもシャープに印刷されます。
ただ、RGBとCMYKカラーについてで触れましたが、パソコンのモニタ画面(RGB)と印刷されたチラシを比べるとチラシ(CMYK)を使用するので若干発色が暗く見えます。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷のオンデマンドとは、「必要なものを・必要なだけ・必要な時に」という意味です。
オンデマンド印刷では、PCモニター上で色調整をしてそれを直接印刷することが出来ますので、オフセット印刷に必要な刷版制作や機械上での色調整という行程がありません。その行程を省ける部分と小ロットから印刷できるのがオンデマンド印刷のメリットでオフセット印刷に勝る部分です。
感覚的にはインクでなくトナーを使用しているので高性能なカラーコピーといったところでしょうか。チラシなどの印刷枚数が数百数千など小ロットで今すぐに必要といった場合には、有効な手段だと思います。

閉じる

印刷インクの種類について

印刷インクには印刷方式の違いにより、それぞれの方式に対応するインクがあります。 版式の分類ではオフセットインク・活版インク・スクリーンインク用途の分類では新聞用インク・ポスター用インクなどがありその他にインクの中の溶剤や乾燥硬化方式による分類から水性インク・熱乾燥インク・紫外線硬化インクがあります。

さらにインクには多様化と高付加価値が求められています。

SOYインク

最近よく印刷されているものに見られるSOYインク。SOYとは、日本語で「大豆」のことで、SOYインクとはインクにふくまれる油の一部を大豆油に替えた環境に優しいインクのことです。
従来の印刷用インクは、主に顔料・樹脂・溶剤に使用されていた石油系有機溶剤(顔料などを溶かすための液体)などが練り合わさって出来ていました。
SOYインク誕生によって健康を害する恐れがある揮発性有機化合物の発生が大幅に軽減でき作業環境が改善され、ゴミとして処分しても地中での分解が容易で、古紙から再生パルプにする際にインキと紙を分離しやすく環境保全につながります。
又、SOYインクは発色が良く、また皮膜強度が強いため摩擦に対して色が落ちにくいという特性がありそれによって品質を長く保持できます。

その他特殊インクについて

SOYインクは、天然の大豆油をインク溶剤として使用することによって環境問題・安全面に機能したインクです。それ以外にも様々な機能性インクがあります。その一部を紹介します。

磁性インク 磁性の帯びやすい酸化鉄を利用したインクです。銀行の通帳やクレジットカードなど磁気を検出して文字を読み取ります。
パールインク 真珠のような独特の光沢をもたらすインクです。不透明になっており上品で高級感のあるイメージに最適です。
蛍光インク 蛍光顔料を使用しており他のインクに比べてより発色の良い効果を高めたインクです。看板・ポスターなど目立たせたい部分に使用します。

さらに印刷物にフルーツ等の香りを付けることが出来る芳香インクなど、印刷物に高付加価値を付けるさまざまな機能を持ったインクがあります。

閉じる

袋断裁・化粧断裁 (輪転サイズと正寸サイズ)

袋断裁・化粧断裁、チラシ印刷申し込みの時必ず選択する項目でよく質問されますが、一番わかりやすい違いといえば、チラシに白いフチがあるか、なしかということになります。

<ご注意>このページの話は弊社 チラシプロでは、B4,B3サイズのチラシ印刷に適用されます。A4サイズはすべて「化粧断裁」された仕上がりとなります。

袋断裁

袋断裁とは印刷面の周囲一センチほどの白い余白が付いたものをいいます。
チラシプロではB4.B3サイズで輪転機使用時に付きます。輪転印刷機で印刷しますとそのまま機械がインラインでセットされた断裁機で断裁しますこの時にフチが付きます。

化粧断裁と違い印刷機を止めずに断裁しますので納期が短く低コストになります。
新聞折込されているチラシは大部数で短納期を要求されるので輪転機を使用するのが一般的で、折込チラシ等では標準の仕様となります。

化粧断裁

化粧断裁は、袋断裁に付いている白フチ部分を四辺ともに断ち落としたものになります。仕上がりは、コピー用紙と同じ正規のサイズになり四方の白フチがない分スッキリした感じになります。
しかしフチのない分新聞に折り込んだ時に他の折込チラシとフチの無い分埋没する恐れがあります。袋断裁に比べて一工程増えますので時間と費用が少し掛かります。
イベントチラシ・ポスターなど短時間で大量消費されるチラシに比べて比較的長い時間使用される物やビジュアル要素が強いものに使用されることが多いようです。
袋断裁・化粧断裁どちらを選ぶかはその用途によりますが、コストや時間の面で折込チラシとなるとB4サイズで袋断裁が一番適していると思います。

袋断裁 化粧断裁
B5 用紙サイズ 191×273mm
絵柄サイズ 182×257 mm
※B5のみ断裁料金別途必要
用紙サイズ 182×257mm
絵柄サイズ 182×257mm
B4 用紙サイズ 273×382mm
絵柄サイズ 257×364 mm
用紙サイズ 257×364mm
絵柄サイズ 257×364mm
B3 用紙サイズ 382×546mm
絵柄サイズ 364×515mm
用紙サイズ 364×515mm
絵柄サイズ 364×515mm
仕上がり図
白フチがつきます。

フチがありません。

閉じる

印刷・網点について

RGBとCMYKカラーで少し触れていますが、チラシなどの印刷物を拡大してみると大小の点で構成されています。このようにカラー印刷ではCMYKの色の掛け合わせ、網点の大小によって再現されています。
この網点をただ重ねただけでは、互いの網点が干渉するので(モアレ)縞模様が出てしまいます。そのため各色の網点の並ぶ方向に角度をつけて互いに干渉しないようにします。
印刷物はこの4色の細かい点のバランスによって4色フルカラーが再現されており、一般的にオフセット印刷は150~175線のスクリーン線数を用いています。

FMスクリーン

点の大小で濃淡を表現する従来の印刷方式をAMスクリーン、これと異なり同じサイズの点だけを不規則に配置することによって濃淡を表現する方法をFMスクリーンといいます。
これにより従来と比べて400線相当の高精細印刷と同等の仕上がりが可能です。

FMスクリーンの利点
  • モアレが発生しない
  • 版ズレの影響が受けにくい
  • 鮮やかな発色・彩度の高い色調表現
  • トーンジャンプが発生しにくい

FMスクリーンにはこのようなメリットがあります。ただ印刷物に求めるイメージや表現方法もさまざまで、FMスクリーンにはリアル感や、モアレのない表現が出来ますが逆にやわらかい感じのイメージ、シャープな感じを求めないときなどは、従来のAMスクリーンが適している場合があります。なのでその印刷物に求められているケースによって使い分けるのがいいでしょう。

閉じる

折加工の種類について

印刷物をその用途によって折りたたんで使用することを言います。
主に案内状などのリーフレットなどがありチラシも二つ折(センター折)、十字折(クロス8P折)はよく使用されます。

二つ折(センター折)
二つ折
(センター折)
十字折(クロス8P折)
十字折
(クロス8P折)
観音折
観音折
外三つ折(Z折)
外三つ折
(Z折)
外四つ折
外四つ折
外五つ折
外五つ折
巻三つ折
巻三つ折
巻四つ折
巻四つ折
DM折
DM折

閉じる